>  > 刺激を求めた結果だということ

刺激を求めた結果だということ

刺激が欲しいとは思っても、刺激がどこにあるのか分からないので自分にとってつまらない毎日から抜け出すことがなかなか出来ないでいました。これは何とかしなければならない、でも刺激がどこにあるのか分からない…。そんな悩みを抱いていたのがばかばかしくなるくらい、簡単な答えが見つかったんです。それは風俗です。風俗を利用すれば良いんじゃないかと会社の先輩に言われたんですよ。その先輩としては冗談半分くらいのノリだったのかもしれないですけど、自分にとって「それだ!」と。なんで風俗という選択肢が自分で思いつかなかったのか疑問に思う程に、とりあえず風俗まで行ってきました。そして抜いてきたんですけど、先輩に感謝ですよ。なぜなら、そこにあったのは自分が求めていた刺激そのものです。女の子との時間を思い切り楽しむことが出来ただけではなく、気持ちよさまで味わうことが出来たんです。これから刺激を求めるなら風俗で決まりだなと。

フィーリングは裏切らない

フィーリングほど大切なものはないんじゃないですかね。特に風俗の場合、自分自身のフィーリングこそ女の子を選ぶ判断材料でもありますし、何よりもどんな時間になるのかを左右するものだとも思うんですよね。口コミとかだと投稿者の主観が入り過ぎているので必ずしも自分に役立つとは限らないじゃないですか。参考にはなっても絶対ではないというか。ともすれば口コミと全然違うケースだってあると思うんですよね。でもフィーリングで選んだ風俗嬢に関してはその時だけは絶対に裏切らないような気がするんですよね。それもあって、風俗に関してはなるべくフィーリングを重視するようにしているんです。理屈で選ぶよりも、結局性欲そのものが感覚的なものじゃないですか。だから理屈であれこれ考えるよりもフィーリングを大切にした方が良い結果が出るんじゃないかなって思っているんですよね。そこら辺は本当に人それぞれ考え方が違うとは思いますけど、自分としては感覚重視です。

[ 2016-12-16 ]

カテゴリ: 風俗体験談